検索
  • 米澤

住宅ローン控除

こんにちは!!


最近は当社経営の喫茶店のお客様からの


不動産査定だったり、ちょっとした不動産のご相談も増えてきて


気軽にいろいろ聞いていただけてとてもうれしく思いますね(*^_^*)



さて、その中のご質問で


住宅ローン控除についてご質問がありました!


皆様はご存知でしょうか?



住宅ローンを利用しマイホーム購入している方は


申請されている方も多いと思いますが


意外と詳しくは、分からない方も多いかと思います。


私も不動産会社新人の頃、ロープレで説明の練習をしたものです(^_^;)


お得な税度なので知っておいて損はないですよ!



ではどんなものかというと


ざっくりいうと


住宅ローンを借りて居住用の不動産を購入した場合、年末のローンの残高に応じて


所得税や住民税が控除される、いわゆる「税金が還ってくる」制度です!



ただし制度を受けるには条件はあります。↓


  • 取得の日から6ヶ月以内に入居。各年12月31日まで住み続けていること。

  • 各年毎の合計所得金額が3,000万円以下であること。

  • 床面積が50㎡以上。店舗併用の場合は2分の1以上が居住用であること。

  • 10年以上の住宅ローンであること。

 ※中古住宅の場合は木造20年以内、マンション25年以内が原則です。



これらの条件をクリアした、対象者の方は


・年末の借入残高の1%が控除されます。

※ただし1%はあくまでも最大額で年末残高の1%が必ず控除されるというわけではありません!



上の※の注意書きでも書きましたが年末の借入残高の1%は最大控除額。


例えば


年末年始のローン残高:3,000万円

税込年収:400万円

所得税額:10万円

住民税:15万円


だと


所得税10万円からローン残高1%の30万円を控除すると


-20万円になりますね。


この控除しきれなかった‐20万円


は住民税から控除することが出来ますがこれも


上限13万6500円


なのでどうしても控除しきれない金額が発生してしまう訳です。



よく不動産屋のキャッチコピーなどで


最大600万円控除!!


などのフレーズを見かけますが最大の場合です。


実際にはほとんどないと思います( ;;)




といってもほとんどの人が所得税、住民税が戻ってくると考えれば


とっても良い制度ですよね!


ただ、申請しないと使えない制度でもあるので


住宅ローン利用の方は申告時に速やかに申請しましょうね!!!


















閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

緊急非常事態宣言も明け、 不動産業は休まず行っておりましたが当社経営のヒグラシ珈琲は 本日から約1か月ぶりのOPENとなりました! 久しぶりの営業再開にもかかわらずお客様が元気にまたいらしてくれるのは 嬉しいものですね(*^_^*) そして本日はとっても嬉しいお客様が見えました。 それは、不動産業にて私がお家の仲介をさせて頂いたお客様が見えてくださったことです。 不動産取引はお客様にとって大切な取