top of page
検索
  • 米澤

任意売却 ローンが払えないときの売却

皆さんこにちは!

GW中ですが自粛の日々が続きますね。

何とか乗り越えていきましょう!!


さて今日のテーマは・・・


任意売却!!!(少し気分が重たい内容になってしまいますが)


と言っても何のことやらという感じですよね・・・



まず


・任意売却の定義

任意売却というのは所有者の意思で不動産を売却するのですが

売却することによって購入資金を借り入れた債権者(銀行)に対して

債務全額を返済できない物件の売却を指します。

所有者本人の意志だけではなくローンの債権者の合意のもとで行う不動産売買になります。


つまり

何らかの理由でローンが返済できなくなってしまった。

売却したいのだけれどローンがまだ残っていて売っても

売却金額では完済できない状態ですね・・・泣


ローンの滞納が半年ほど経過してしまうと

ご存じの方もいると思いますが債権者は競売手続きを開始してしまいます。


こうなってしまうと手続き開始から一年くらいで裁判所の決めた価格で自宅がオークションにかけられてしまうわけです。






家の購入というのは本当に一生に一度の大切な大切なお買い物ですが

何らかの事情でお家を手放すことを選択せざるを得ないこともあります。(一概に悪い理由ばかりとは限りませんが)😢



そんな時にこの任意売却という売却方法が所有者にとって少しでもメリットのある売却方法になるのです!(^^)!





・任意売却のメリット

①競売(オークション)ではないため売却金額が競売よりも上回るので債務をできるだけ多く減らせられる。


②売却金額の中から引っ越し費用など費用の一部を控除してもらえる場合がある。


③基本的には一般的な売買と同じ方法なので経済情報を周囲に知られずに済む。


④引っ越し時期を相談できる。


⑤売却後の残った債務の支払い方法を無理のないプランにできるよう相談出来る。



逆にデメリットはというと


・デメリット

①連帯保証人(別れてしまった妻や夫)と連絡を取る必要がある。


②百パーセント任意売却が成功するとは限らない。


デメリット②にあるようにどんなに優秀な会社でも優秀な営業マンでも百パーセント

成功させることはできないのですが、ただ競売を待つよりは任意売却を選択

して良いと思います。




やはり暗い内容になってしまいましたが


すこしでも傷を少なく新たに再出発できる売却方法ということがお伝えしたかったのです。



それでは 失礼します( ^^)

























閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

緊急非常事態宣言も明け、 不動産業は休まず行っておりましたが当社経営のヒグラシ珈琲は 本日から約1か月ぶりのOPENとなりました! 久しぶりの営業再開にもかかわらずお客様が元気にまたいらしてくれるのは 嬉しいものですね(*^_^*) そして本日はとっても嬉しいお客様が見えました。 それは、不動産業にて私がお家の仲介をさせて頂いたお客様が見えてくださったことです。 不動産取引はお客様にとって大切な取

bottom of page