検索
  • 米澤

すまい給付金

先日は住宅ローン控除についてブログを書きましたが


本日は


「すまい給付金」


についてお話ししたいと思います!



ちなみに住宅ローン控除は所得税が高額な方が多く控除を受けられるシステムでしたが


すまい給付金は年収が一定以下の場合にとっても大切になって来ます!



そもそもすまい給付金とは↓


すまい給付金は、消費税率引上げによる住宅取得者の負担をかなりの程度緩和するために創設した制度です。住宅ローン減税は、支払っている所得税等から控除する仕組みであるため、収入が低いほどその効果が小さくなります。すまい給付金制度は、住宅ローン減税の拡充による負担軽減効果が十分に及ばない収入層に対して、住宅ローン減税とあわせて消費税率引上げによる負担の軽減をはかるものです。このため、収入によって給付額が変わる仕組みとなっています。


※国土交通省HP引用



給付金額は↓


給付金額は消費税8%時は最大30万円でしたが


10%に引き上げ以降の現在は最大50万円となっています。



対象となる方↓


・住宅の所有者であること

・住宅の居住者であること

・収入が一定以下であること

・住宅ローンを利用していること

・50歳以上の人は現金購入でもOK


消費税10%時購入の場合は↓

(450万円以下→給付50万円、525万円以下→給付40万円、600万円以下→給付30万円、675万円以下→給付20万円、775万円以下→給付10万円)



物件の条件としては↓


・購入に際して、消費税引上げ後の10%の消費税率が適用されること。

・購入する住宅の床面積が50平米以上であること。

・第三者機関の検査を受けた住宅であること。


上記の条件を満たしている場合に最大50万円受け取れるのですから


申請しなければ本当にもったいない制度ですね(^_^;)



ただ、申請は購入すれば不動産会社が行ってくれるものではなく


お客様ご自身で行わなければなりませんのでご注意くださいね!



申請方法↓


すまい給付金を申請するためには、まずは申請書に必要事項を記入し、


必要書類を用意した上で、窓口へ持参又は郵送する必要があります。


購入した家に住み始めてから申請することが可能になり、申請期限は住宅を購入してから1年3カ月以内(当初の1年間より3カ月延長されています)となります。


郵送で申請する場合は、窓口申請と同様に、申請書をダウンロードして必要事項を記載し、


申請に必要な確認書類を同封して「すまい給付金申請係」へ郵送します。





閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

緊急非常事態宣言も明け、 不動産業は休まず行っておりましたが当社経営のヒグラシ珈琲は 本日から約1か月ぶりのOPENとなりました! 久しぶりの営業再開にもかかわらずお客様が元気にまたいらしてくれるのは 嬉しいものですね(*^_^*) そして本日はとっても嬉しいお客様が見えました。 それは、不動産業にて私がお家の仲介をさせて頂いたお客様が見えてくださったことです。 不動産取引はお客様にとって大切な取